「凪のお暇」1巻の感想 空気読んでこがモットーの主人公

凪のお暇

「凪のお暇」

こちらの漫画、以前漫画サイトで1巻無料だったため読み始めました。
最初は絵柄が好みではないかなーなんて思っていたのですが、面白くてどんどん読んでしまい
そのまま全巻購入しちゃいました。

 

一応メインとしては、女性向け・アラサー・恋愛ものといった感じですが、
それ以外にもSNS疲れやひと手間かけた美味しいそうなレシピなどがあり
女性だけでなく男性が読んでも面白いですよ!

 

凪のお暇の基本情報

凪のお暇 コナリミサト
既刊4巻 2019.01.16現在
秋田書店
月刊誌エレガンスイブ(毎月26日発売)で連載中

過去の作品に珈琲いかがでしょうなどがあります。

 

凪のお暇 あらすじ

主人公の大島凪、28才。趣味は節約で毎日のお弁当をかかせないOL。
周りの同僚女性たちに合わせて空気を読んでいく
口癖は「わかるー」

 

周りに合わせてなんだかなぁという毎日を送っている凪だが、たった一つだけ持っているもの

それは営業部のエースで会社でも人気者の慎二と付き合っていることだった。

 

ある日、同僚に仕事を押し付けられて残業している凪。
同じく残業していた慎二たちの会話を立ち聞きしてしまう。

 

あいつとはアッチが良いから付き合っているだけ
貧乏くさいし生理的に無理

そんな話を聞いてしまい、過呼吸を起こす凪。

限界になった凪は会社を退職し、家具もすべておいて都心から郊外へ引っ越す。
しばしお暇をいただいた凪が、アパートの隣人たちを巻き込んで、ゆっくり自分を見つめ直していくストーリー

 

主な登場人物

大島凪


空気を読むことを大切にしすぎる女子
退職後は女子アナ風のファッションから、Tシャツジーパンの楽な格好へ
(実はすごいくせ毛)

 

節約が好きで豆苗を育てている
実家の母がトラウマ
意外とスタイルよし

我聞慎二


凪の元同僚で元彼。
営業部のエースで女性人気はもちろん後輩にも慕われている

凪は別れたつもりだが慎二は諦めずに引越し先まで顔を出しに来る
モラハラ気味で凪が変わっていくことが許せない。

安良城ゴン


凪の引越し先のアパートの隣人。
自由でマイペースに生きるゴンに憧れる凪。
誰に対しても優しいゴンには信者もたくさんいる

うららちゃん

凪のアパートの隣人。
美少女。犬が好きで凪のふわふわの頭を気に入っている
母子家庭だがお母さんが大好きで仲良く暮らしている

凪のお暇 1巻のぐっと来たところ感想

空気を読んで周りに合わせすぎる凪

凪に共感できるかがこの漫画を読むきっかけになるかもしれません。
とにかく凪は周りに「わかるー」と合わせてその場を過ごすタイプ。

 

自称サバサバ系の女性からは嫌われやすいタイプですね。
(退職前は)女子アナ風のルックスなので、おとなしい系の女子が好きな男性にはとてもモテます。

 

嫌なものもはっきりと断れずにもやもやしている凪は、自分と重なる部分がありました。

 

SNSは24時間監視

 

もともと凪はSNSに疎くてやっていませんでした。
ただOL時代に周りから浮かないように開設したアカウント。

ところが始めだすと、他の人の投稿が気になりすぎてしまう。

 

共通の知人が飲み会ツイートをしていると、もしかして私を抜きにして二人で飲んでいるのか、悪口でも言ってるのかとそわそわしてしまう。

 

自分が投稿してもいいねの数が人より少ないと落ち込んでしまったり

 

この辺の気持ちがあるある~!って思ってしまいました。

 

「私の知ってる人たちが私の知らないところで私をのけ者にして楽しくしてるの見つけたら、胃がひっくり返るくらいくやしかった」

「誰かのネガティブな発言みるたびに、自分のことを言われていると思った」

 

自分を見つめ直すという罠

会社をやめて時間はたっぷりある。なりたい自分像を探そうと思う凪ですが
実際にはなにも思いつかない。

やりたいこともないのに、勢いで会社をやめてしまい早まったのかもと焦る様子は共感できました。

 

会社づとめはしんどいことも多いけれど、収入も安定していて社会的にもつながっているんですよね。

いざ自由になったとたん、社会から断絶されていると感じるあたりはリアルでした。

 

 

モラハラ系の彼氏 慎二

 

断舎離して別れたつもりだった彼氏 慎二は、わざわざ凪のために郊外まで訪ねてきます。
凪のアパートで今までどおりご飯を作ってもらい、そのまましようとする慎二。

 

私にかかわらないでという凪に対しても、おまえを監視しつづけてやると言う。

 

見ている限り、クズじゃんこの彼氏!って感じなんですが、ものすごく凪に執着しているのがわかります。

 

凪からすると体だけ求められている感じですが、実際は凪のことが好きな慎二。

接待で行ったキャバクラ嬢に愚痴っている慎二が可愛かったです。
復縁はあるのかな?と気になるところ。

 

 

「いいか凪 おまえは絶対変われない。その様を俺が見ててやるよ」

「まだそいつのことメッッッッッチャ好きなんだわ~~」

 

 

たまに出てくるレシピが美味しそう。

この漫画を読むと豆苗を育てたくなります

 

節約系女子凪が育てているのは「豆苗」
スーパーでも100円位で売っているアレですね。

 

私はこの漫画の影響でよく買うようになりましたw
アク抜きもいらないし、ツナといためるだけでも美味しいし凪のように中華スープにいれるのもよし。
冬なら鍋にいれるのも良いですね~。

ちょっとリッチなチョコポッキー

同じアパートに住むおばあちゃんの趣味は映画鑑賞。そのお供に手作りチョコポッキーを作るのですがこれが美味しそう!
パン屋さんのパンの耳にチョコレートとたっぷりナッツとくるみをかけています。
うまそう・・・!

 

ひと手間かけたミルクティー

 

市販の安いティーパックでも一手間かけると美味しくなる!ということで
凪流ミルクティーの入れ方が載っています。
簡単だけど、カフェで飲んだら500円くらいとられるくらいの美味しさ(らしい)

 

 

空気読みすぎて疲れちゃった人に読んでほしい漫画

 

周りの顔色ばかり伺ってきた人には、刺さる漫画だと思います。
「わかるー」連発です。
元会社の同僚たちにイライラもしますw

 

1巻ではまだ登場が少ないですが、隣人ゴンさんとの関係も見どころですね。
元彼慎二とはまったくタイプの違う自由人ゴン。
自由に憧れる凪がハマっていくのは当然のようですが、慎二はそんなの許せない。

 

最終的にどちらかとくっつくのか?フリーで終わるのか?も気になるところです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました